メリットが豊富な電子カルテで重要な医療情報を共有化!

様々な許可申請

珈琲

許可の要件必要性

カフェを開業するにあたって、必要なのは役所への許可申請である。通常、カフェを開業するには飲食店許可申請を市役所へ提出する必要がある。また、夜間においても営業する場合には風営法許可申請も必要となる。各許可申請を行う場合、多くの場合士業等に依頼し申請書の作成を行うことになる。そして調査を行い、開業予定地に許可が下されるかを確認することとなる。この時、地域の方針によってはそもそも開業することが出来ないケースも生じることがある。そのため、開業する店舗予定地を決める前に相談することで、事前準備を進めていたにも関わらず許可申請が通らないという最悪の事態を回避することが出来る。カフェの場合、飲食物を提供する関係上保健所への申請も必要となる。許可には要件が設定されており、各基準をクリアしなければならない。多くの場合は客席と調理場の区分、水場の確保などが挙げられるが各地区によって多少の差異はある。カフェを個人事業として開業する場合、市役所へ開業届を提出する必要もある。これにより確定申告を行う際に青色事業者として控除を受けることが出来るようになる。営業所得として申告することで欠損を繰り越すことが出来るようになるため、開業当初には赤字であっても将来黒字に転じた際に納付すべき所得税を軽減することが出来る。このようにカフェを開業するにあたって様々な許可申請を各役所へ提出する必要がある。スムーズな開業を行うために書類に不備が無いよう心がける必要がある。